読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひゅーまんのクエス=アリアス他ぶらり旅

黒猫プレイヤーの端くれの日記です。

【イベ】ツッコんだら負けぞば!我ら魔轟三鉄傑!!【後編】

あらすじ

 

えっとぉ〜、なんかぁ〜倒さなきゃいけない、何?河川?だかなんだかをぉ〜見つけたんだけどぉ、そいつのなんか、アレでぇ〜バカって言うとホントにバカになるっていうのを、されてぇ、マジやばくね?みたいな〜笑

まあすぐ倒すんだけど〜wwwww

 

 

・意外!それは城の魂ッ!

 

 

f:id:tntxpjon:20170225154135j:image

 

戦闘不能にしたバッカレイから話を聞いた途端、考えられない言葉を発しました。

 

城の…魂?

 

f:id:tntxpjon:20170225154525j:image

ほうほう、なんかすごいお城なんですね。

…シャティが?

 

 

f:id:tntxpjon:20170225154559j:image

 

うーん。なんかもう少しで思い出してくれそうな気もしますけどね。

 

f:id:tntxpjon:20170225154709j:image

 

なるほど…城が危機に晒されて、城自身がそれを逃れたい一心で魂だけ引き剥がしたって感じですか…。

魔力を具現化させて戦うのが主流であるこの異界だからこそできる芸当か。魔道城塞って言われてるので、城自体にも魔力が込められてるんでしょう。

 

 

その後、シャティが思い出したことを整理すると…

 

 

 

魔道城塞バラキーファは、バッカレイの言った通り堅固で立派なお城だったそうで。

なんでも、そびえ立つツィマオツィカ平原にかつて住んでいたツィマオツィカの民が、自分らを、そして土地を守るために建てたものでした。

 

 

しかし、不幸なことに民は流行り病によってその系譜を断たれることになってしまいます。

そして、ぽつんと残った誰のものでもないバラキーファを我が物にせんと、周りの国々で戦争が起こったのです。

 

 

長い争いに終止符を打ったのは…ひとつの条約。

どの国も戦力を消耗し合うだけの不毛な戦争をやめにしようと、「バラキーファに軍は送り込まない」と誓うツィマオツィカ条約が締結されたのでした。

こうして、バラキーファのもとに再び平和が訪れた…………かに見えました。

 

 

突如、どこの国にも属さない"ある勢力"が、一方的にバラキーファを占拠してしまいました。

 

それが、地獄三十六歌仙だったのです。

 

彼らを追い払おうにも、条約のせいで手が出せない。

完全にバラキーファをモノにした奴らは、自身の仙術と城の防御力で次々と悪事をはたらくようになりました。

 

…それを、城自身が拒んだ。歌仙の思うままにさせたくないと強く願った城は、魂を引き剥がし「シャティ」として逃げるよう仕向けた。

 

 

魂を空にしたことで魔道城塞の機能を完全には使いこなせなくなった歌仙は、今一度シャティを捕らえ、バラキーファを無敵の城に戻さんとしていたのでした。

 

 

 

…と、これが今までのお話。

長かったですが、奴ら地獄三十六歌仙がどの国も手を出さない厄介な許すまじ大悪党であることがわかっていただけたはず。

 

じゃあどうするよ。

 

f:id:tntxpjon:20170226135918j:image

 

どこの国も手を出せないなら、

 

どこの国にも属さない猛者が討ちにいくしかないでしょうね。

 

 

もう、目指す場所に迷いはありません。

記憶を取り戻したシャティに案内を頼みましょう。

 

 

 ・あっ、どうも。はじめまして。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226140358j:image

 

 

あのちーへいーせーんー()

 

 

って、なんじゃありゃ。あれがバラキーファなのか。

平原にそびえ立つってレベルを文字通り飛び上がってるんだが?

 

どうやらこれも歌仙の仙術で浮かべてるようですね…じゃあどうやってあそこまで行くのかと言いますと

 

f:id:tntxpjon:20170226140953j:image

 

…はい、色々すっ飛ばしてすみません。

途中ルディオさんとリポニーという都市で合流して、なんやかんやで手に入れたこの魔道翼で城に向かうことになります。

 

f:id:tntxpjon:20170226141213p:image

 

でしょうね。

 

てなわけで、だ。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226141400p:image

 

魔轟三鉄傑、いっきまーーーーーーす!!!

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

f:id:tntxpjon:20170226141503j:image

 

たどり着いた城の頂上。

そこで待っていたのは歌仙のヘッド、スローンさん。…ただ玉座がどうとか言ってるのはよくわからない。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226141710j:image

 

f:id:tntxpjon:20170226141852j:image

 

は?

 

 

f:id:tntxpjon:20170226141917j:image

 

何……だと………?

狙いが魔轟三鉄傑ってどういうことだ!!

 

f:id:tntxpjon:20170226142020j:image

 

ぎゃ、逆境の魔神…?

 

f:id:tntxpjon:20170226142146j:image

 

え、えぇ〜〜〜回りくでぇ〜〜…。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226142408j:image

 

なるほど…今回記事には載せてませんが、確かにルディオはある者から"地獄三十六歌仙を倒してほしい、その為に魔轟三鉄傑と手を組んでほしい"という旨の依頼を受けてここまで同行してくれました。お前だったのか。

 

f:id:tntxpjon:20170226142614j:image

 

f:id:tntxpjon:20170226142735j:image

 

つ、強えヤツ召喚だと…!?強そう…!!()

 

 

 

f:id:tntxpjon:20170226142849j:image

雑すぎんだろ…悪い奴の基準ガバガバやんけ。

とはいえ、こっちは完全に相手の術中にハマってここまで来ちゃったわけだし、頭悪いわけではなさそう…うーん?

 

 

一体どんなヤバい奴が召喚されるって言うんだ…!!魔轟三鉄傑はそいつに勝てるのか…

果たして…!!

 

 

f:id:tntxpjon:20170226143149j:image

 

来る…!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:tntxpjon:20170226143254j:image

 

 

 

 

 

………。

 

 

えっ。

 

 

 

f:id:tntxpjon:20170226143331j:image

f:id:tntxpjon:20170226143345j:image

 

 

っっっえええええええええええええええええ!!!!!??

 

 

えええええええええええええええええ!!??

 

 

 

ちょっいやこれ待っ…ええええ!?

お前らかい!いや確かに忘れてたけど!

今回のイベントは主人公関わらないパターンのやつかーって途中うっすら思った気もしたけど!

 

えっじゃあこれ…。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226143719j:image

 

 

f:id:tntxpjon:20170226143752j:image

 

………。

 

f:id:tntxpjon:20170226143810j:image

 

f:id:tntxpjon:20170226143850j:image

 

うん…。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226144125j:image

 

 

ですよねー…。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

簡単に言うと圧勝でした。

上手く言葉が浮かびませんが圧勝でした。

ちゃんと見てくださっている方に伝わるかわかりませんが、ただ圧勝なことは確実でした。

雑にまとめると、圧勝だったのです。

 

 

 

f:id:tntxpjon:20170226144330j:image

 

おっと、恒例の光ってくるやつだ。

今回は早めに帰れてよかったですね。いや早すぎんだろ。

 

 

f:id:tntxpjon:20170226144638j:image

 

チャイナの武闘家っぽい人…そりゃどうも。

魔人じゃないけど。

 

筋骨隆々のアバターさん…機会があればね。

だから魔人じゃないんだけど。

 

キャピキャピナースさん…ありがとうね。

魔人じゃねえっつってんだろ。魔人の人て。

 

 

ていうかさ

 

 

f:id:tntxpjon:20170226144939j:image

 

 

師匠が代わってくれたけど言わせてもらうぞお前ら誰だぁーーーーーーっ!!!!!

 

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

さてさて。

ブログリニューアル後1発目のイベントまとめ記事は、「魔轟三鉄傑 対 地獄三十六歌仙」に飾っていただきました。

実際のストーリーをかなーりカットしてお送りしましたが、いかがだったでしょうか。

 

実際のストーリーではゲスタイガー、バッカレイ、スローンの他にもう1人ボスクラスのキャラが挟まってたり、当時の魔道杯報酬となるキャラ5人が前もって登場したり、トゥーラとメイフウで揃って見せ場があったり、エピローグでルディオにシャティが求婚したり(!?)と、色々なエピソードがありました。

このはてなブログの月の画像容量制限に怯えながら、泣く泣くカットした部分ばかりでした。ですがなんとか話の筋が通っているように見せなきゃ、という一心でギュッ!と詰め込んで、なんとか2月中にまとめきることができました。ぜえはあ。

 

 

いやあ、難しかった。

だって前回まとめたイベントがスザクIIIですよ?あのシリアスですよ?そんで8ヶ月ぶりにさあまとめたろうと決めたのがコレですよ?

 

感覚掴めるワケないだろアホか。

 

とはいえこのイベントの"ツッコんだら負け"感、グダグダ感を壊さず、笑いを煽れるような文章作りを心がけました。

中編のバカ芸とかノリで書いてましたからね。ていうかその前に既にバカって言ってた気がしますけどね。うっかつ〜ゥ。

 

結局月末ギリギリになって申し訳ないです。だってこのイベント1月中旬に始まってたじゃんよ。遅えよ。恥じろひゅーまん。はい。

 

と、いうわけであとがき?もここまで!

見てくださったみなさんありがとうございました!

 

 

 

ひゅーまん