読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひゅーまんのクエス=アリアス他ぶらり旅

黒猫プレイヤーの端くれの日記です。

【黒】伍式への上京(?)

黒猫

 

f:id:tntxpjon:20160528140310p:plain

f:id:tntxpjon:20160528140237p:plain

 

ひゅーまんです!

 

初記事ということで何を書こうか悩んでいたのですが、悩みといいますか、近い将来個人的に少し寂しくなる出来事があるので、最初はそれを。

うああ緊張する。よろしくます。

 

 

冒頭の写真は、現在のプレイヤーレベルやら段位やらグラフやら、いわゆるユーザーパラメータ(1枚目)です。最初なのでまずはこれかな、と思いました。

これから記事を重ねるごとにどうなっていくかご期待ください(?)

 

グラフはまあ、黒ウィズユーザーによくあるやつでしょうか

スポーツ芸能は闇、理系は2色もばちこいみたいな。

3色もたまに簡単ですからね。

複色バーニングも時間見つけて頑張らないと…

 

それから、僕がいつも魔道杯でお世話になっている弐式の4T+SSデッキ(2枚目)ですね。

何故かダムザどミリィが2体当たってしまったので、じゃあこうなるよね、みたいな。

 

ちなみにボス戦のSSはこのうち3体しか使わないので、ヴィヴィ2体にすればいよいよパネル事故もほぼなくなるというのに、なんでかこのツーペアにしてますね。

f:id:tntxpjon:20160528143718p:plain

ヴィヴィは3体持ち

 

こっちでもツーペアじゃんな。外すならダムザ一択ですよね。ミリィちゃん可愛いし。

 

あ。

 

可愛いと言えば、僕の推し精霊の紹介良いでしょうか(急)

 

話の途中ですが、黒ウィズユーザーとしては大事な紹介要素ですよね。忘れてすみません笑

 

僕はヒカリちゃんを推しています!

f:id:tntxpjon:20160528143356p:plainf:id:tntxpjon:20160528143417p:plainf:id:tntxpjon:20160528143442p:plain

今のところ全持ち。愛の勝利である

 

紫色の長髪と、見るからに活発な笑顔と、

元気な声(CV:瀬戸麻沙美)が魅力です。

黒ウィズGPでは20位!ニコ生での結果発表にもギリ載れて嬉しかったのを覚えています。

f:id:tntxpjon:20160528145007j:plain

 

f:id:tntxpjon:20160528145041p:plain

僕の票なくても20位っていう

 

バレヒカリいいですよね。

2色変換→見破りのSSに色数依存のASはかなり噛み合ってて面白い組み合わせだなあと当時思いました。

推し精霊が高難易度でも活躍できる限定版になるのは嬉しいものですね。何よりガチャイベ終了間際に単発で引けた時の…あのっ…!アレね!アレ!うん!

 

長くなるのでここで話を戻します。

 

何が寂しいか、でしたね。

それはズバリ、弐式との別れです。

 

弐式との別れなんですよ!!(大事なこと)

 

そもそも弐式を4T+SSで抜けるなんて

現環境だからできる荒技のようなものであり、

本来はそんなことしなくても6〜7Tくらいで上位はとれるんですよね。

それ程までに高段位の中でも敷居の低い弐式は魔道杯でも重宝するユーザーが多くいることから、「実家」とまで呼ばれるようになりました。オルネと同居ぐへへ(そういうことじゃない)

 

加えて、その次の参式が追加された当時、異常な難易度アップ感に気圧されたユーザーは数知れず。

 

魔道杯のリニューアルにより二つ下の段位までなら走れるようになったことで、

実家に引きこもる魔法使いが続出したと記憶しています。

 

僕もその1人でした。

 

どうも水で火力のある精霊(エッタもぞばも正月元帥もリアルハゲも)が当たらなかった僕は、完全に参式で足踏み。

 

参式が解放された去年の6月から1年弱そのままでした。ホントに。

 

しかし最近、なんとか参式を10Tで抜けるデッキがやっとこさ出来たことで、とうとう参式を抜けてこれたのです!拍手!

f:id:tntxpjon:20160528221727p:plain

もう二度と 回らないって誓ったッ

 

肆式はなんとか8Tで回れるということで、

 

ようやく僕も伍式にあと一歩のところまで来ました。長かった。

 

しかしここで気づく

 

伍式まで来てしまうと

魔道杯では参式まで

 

つまり弐式には帰れなくなるんです。

 

「1度伍式をリタイアすればいいのでは」とか、そういう問題じゃないんです。

何故なら弐式は、実家なのだから。

 

(…?)

 

今までずっとお世話になってきた実家から離れて、伍式という都会でビッグになってやると息巻いてきたhumanは、もうノスタルジーを感じずにはいられません。

 

水のギルマス3体を狩っていく作業が苦行以外の何物でもないっすよほんと。

実家が恋しくて悶えそうです。

 

もちろんそうは言っておられません。

今後の魔道杯で優位に立つためなのです。

イベトーナメントが回れなかったときのことを考えても、段位が高いに越したことはないのです。

 

ありがとう弐式。

 

あと少しで上京できます。

 

ただ土日はサタ女Pt稼がせてください。

今90万なんで。

 

…今回の雑記は終わりです。

 

…初記事がこんなんでいいんだろうか^^;

停滞しないように頑張っていきます。

よろしくお願いします!

 

次回の更新は(恐らく)スザクIIIの開催待ちとなります。

ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

ひゅーまん